訪問して頂いた方へ
いつも応援ありがとうございます! まずは左のプロフィール(時々更新されます)をご覧下さい。
せっかくなんで、お好きなところに自由にコメント・トラックバックしてやって下さい。
履歴・相互リンク・りゅうへの直通便(アドレスはプロフィール中)なども大歓迎です。
全て遠慮なくお願いします。
また、2つのblogランキングに参戦しています。お手数ですが、1日1回↓の「blog Ranking」のバナー2つをポチッとクリック頂けると大変嬉しいです。 ポチッ♪ 人気blogランキング
もう1つ!ポチッ♪
皆様がよい1日を送れますよーに!
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
別れても親友
2009/03/11(Wed)
別れても親友って可能でしょうか?
一概には言えませんが、りゅうは可能だと信じています。可能だと思いますとは言い切れません。もちろん、別れ方やお互いの価値観によるとは思いますが・・・
しかし、かつては何もかも許してさらけ出すことができた相手が、ただの友達になるとゆうのは寂しいものがありますね。。。
スポンサーサイト
この記事のURL | 心からのひとりごと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
サクラ
2009/02/10(Tue)
人は誰しも一番お気に入りの自分だけの応援歌がありますよね?
オリンピック選手も集中力キープのため試合前必ず聞く音楽がそれぞれにあるとかゆー話はよく聞きます。

りゅうの応援歌はケツメイシのさくらです。サクラサクとか縁担ぎしてるわけじゃなくて(汗)、これ聞いてるときが心が一番奮い立たされるんです。
歌詞ではなくメロディーになんとな~く心に訴えるものがあって、冬の帰り道ぼーっと聞いてるときなぜか自然と涙が出てきたことすらあります。
りゅうは毎日このさくらを聞いて勉強しています。自分の部屋のBGMはサザンなんで、うちで勉強するときはサザンなんですが。

明日もさくら聞きながら、12時間しっかり最後の詰め込みをしてきます。
この記事のURL | 心からのひとりごと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
司法を目指す人も大変だ
2008/08/22(Fri)
内閣改造で法務大臣が変わって、法律家の量の制限から質の制限に方針を転換するそうです。どうやら、法科大学院の再編をもくろんでいるようです。入学した学生には寝耳に水で、ただでさえ不安な司法試験受験なのに、不安な学生生活を送らなくてはならなくなるでしょう。司法も法科大学院やら新司法試験やらでごたごたしています。その上、安易な方針転換です。医師の問題同様、政治をやる人は、政策の急な変更で一番被害を受けるのは現場の人間だということを忘れないでほしいです。
この記事のURL | 心からのひとりごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
救急存亡
2008/02/15(Fri)
地味ですが、今週の朝日新聞の夕刊で「救急存亡」という特集をやっています。気になる人はチェックしてみてはいかがでしょう?
日本の救急医療の現実。救急救命医になりたくて医学部に入ったりゅうにとっては心が痛む悲しい記事です。が、きっとこれが現実なのでしょう・・・訴訟に赤字、救急医の立場・・・消極的な受け入れや救急部門の廃止に踏み切らざるをえない理由の数々。。。りゅうも今では、救急より内科や外科を目指しています。

今日たまたま大学に夜遅くまでいたのですが、横で若い看護師が仕事をやめたいとグチっていました。。。都会の大学病院にいても、医療全体が疲弊している気がします。

りゅうのブログは知り合い内で公開していたのですが、嬉しいことに一般の方からも1日数十件のアクセスがあります。時に、医療系大学を目指す中高生の方からメールを頂くことがあります。先日も高校生の方から頂きました。目指す職業は非常に大変なものですが、屈せず頑張ってほしいと思います。りゅうが一足先に医師になって草の根的に少しでも日本の医療を改善でき、後輩達がより多く医療系の進路を選択してくれたら嬉しく思います。
この記事のURL | 心からのひとりごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
医師は不足してるの?
2008/02/02(Sat)
最近よく耳にする医師不足。今日の朝日新聞の朝刊にも記事がありました。
全国で毎年8000人が医学部を卒業して医師になります。一方4000人の方がリタイアします。つまり、毎年医師は増えます。
しかし、医師は国家により数がコントロールされている、代わりがきかない職業です。今、医師の、地方→都会、勤務医→開業医、きつい科→余裕のある科への流れが問題であることは間違いないと思います。ただ、偏在が問題で数が足りてるかと言われたら、やはり先進国でも医師の数は少ないんです。少ない医師が偏在するから余計に医師不足になる、というわけです。
さて、その科ですが、記事によるとやはり産婦人科が激減しているようです。激務に加えての訴訟。自分を犠牲にして頑張っても訴えらる時代です。逮捕なんていう司法の××もありました。産婦人科は神聖でやりがいのある仕事ですが、やはり敬遠せざるをえません。。。
この記事のURL | 心からのひとりごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
政界への道
2007/12/11(Tue)
医学のこと以外何も知らないりゅうは、将来医療の世界にしか輝く場がないのかな、と日々感じています。また、医師は厚生労働大臣の指示に従うことという内容の法律(医師法)があります。厚生労働大臣の下で働くわけです。今は舛添大臣ですね。

実習で病気の患者さんを日々見ていると、1人1人の患者さんが大切なのは言うまでもないことですが、もっと根本から日本の国という病気を治さなければ・・・でも、1人では何もできないな、とも感じることもあります。
実は、りゅうは政界に興味があります。チャンスがあれば、政治家になりたいと思う瞬間もあるほどです。

今日、興味のあるニュースがいくつかありましたので、一言ずつコメントします。
この記事のURL | 心からのひとりごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
年賀状
2007/02/01(Thu)
もう今日は2月1日なんですね。1ヶ月前が元旦だったなんて信じられませんね。

ところで、皆さんの今年の年賀状の数はどの位でしたか?りゅうは20通でした。恩師やなかなか会えない遠方の友達が中心なのですが、りゅうから年賀状来た人、おめでとうございますっ!(笑)
ちなみに、祖父は数百通、父は50通・・・年が上がるほど多いですね。年末に飲んだ場でも、50代の方が200通書いたと言っていて、びっくりしました。
メールの普及によって年賀状の売り上げが年々落ちているようです。年賀の挨拶は国を問わない習慣ですが、年賀状は日本の伝統的な習慣でした。でも、今やかなり崩れてきていますね。郵便局の大事な商業戦略なんですけどね。民間業者と比べると、今年も、遅いわ間違って配達されるわで、ちょっとサービスがずさんですが。。。

さて、年賀状のお年玉の番号ってもうチェックしましたか?
この記事のURL | 心からのひとりごと | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。