訪問して頂いた方へ
いつも応援ありがとうございます! まずは左のプロフィール(時々更新されます)をご覧下さい。
せっかくなんで、お好きなところに自由にコメント・トラックバックしてやって下さい。
履歴・相互リンク・りゅうへの直通便(アドレスはプロフィール中)なども大歓迎です。
全て遠慮なくお願いします。
また、2つのblogランキングに参戦しています。お手数ですが、1日1回↓の「blog Ranking」のバナー2つをポチッとクリック頂けると大変嬉しいです。 ポチッ♪ 人気blogランキング
もう1つ!ポチッ♪
皆様がよい1日を送れますよーに!
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
免許申請の準備
2009/03/06(Fri)
あっ、自動車免許じゃなくて、医師免許ですよ。

国家試験の合格発表が近づいてきました。予備校の採点では合格確実ラインにいるので、合格したつもりで予定を立てています。あっ、発表は3週間後の今日です。遅すぎですよね(T_T)ってかぎりぎりすぎ!4月目前じゃないですか。。。
合格発表が金曜午後2時で、お役所は土日が休みだから、もし27日に免許申請できなければ30日になってしまいます。引っ越しや新生活の準備もあるし、そりゃないなと。
とゆーわけで、27日にさくっと免許申請できるよーに、今のうちに書類を揃えてしまいます。申請書、診断書、戸籍、法務局の書類が必要です。あっ、ちなみに登録料は六万円です。ええ、ろくまんえん。。。ぼったくりもぼったくり。ひどい話ですよね(;_;)どんだけ~(>_<)
スポンサーサイト
この記事のURL | 医学部での生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
国家試験まで一週間
2009/02/06(Fri)
来週の今頃は国家試験前日の眠れない夜を過ごしているはずです・・・あっ、嘘です(爆)・・・実は、りゅうはベットが変わろうと緊張してようと、およそ今まで眠れなかったとゆうことがありません。。。
何度も繰り返しますが、今年の医師国家試験はバレンタインから3日間です。厚生労働省よ、学生最後の青春を返せ~!(笑)
この記事のURL | 医学部での生活 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
医師国家試験まであと○日
2009/02/02(Mon)
いよいよ医師国家試験まであと○日とカウントダウンが始まりました。とっくにカウントダウンしてるんですが、改めて。今年の試験はバレンタインから3日間連続です。。。
秋から始めた1日12時間勉強の成果が少しずつ出てきていて嬉しく思いながら、遊びを全て切ってこの試験にかけています。この苦しみもゴールの光が見えてきたぞっ!
この記事のURL | 医学部での生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
研修先病院からの連絡
2009/01/23(Fri)
研修先病院から連絡が来ました。
4月1日から勤務なのに、医師国家試験合格発表が3月27日というギリギリの日程のため、大抵の病院は医師国家試験と合格発表の間に仮契約の上オリエンテーションを行います。
はやりの内定取り消しとかはないわけですが、国家試験に落ちた場合契約が消え、病院に大変な迷惑がかかります。そうならないためにも、勉強しなきゃ(>_<)
この記事のURL | 医学部での生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
マッチング発表
2008/10/16(Thu)
数年前より医学部卒業生に医師国家試験合格後2年間の臨床研修が義務化されました。いわゆる「研修医」とゆうやつです。その研修先の病院は全国一斉にコンピュータ上で「お見合い」をして決まるんです。それが「マッチング」と呼ばれるやつで、アメリカの制度を輸入しています。簡単にゆうとまあ就活ですね、国が義務化した。
医師としての最初の2年間、人生を決めるとゆっても過言じゃありません。ある意味、医師国家試験合格発表より緊張する発表です。
さて、りゅうは・・・何とか運良く第一希望の病院に決まりました。
今年も大学病院は不人気で、市中病院(市民病院や私立病院など)で研修する人の方が多くなりました。まあ、色々言われている制度ですが、ひとまず無事に決まって安心しました。
応援してくれた方、ありがとうございましたo(^▽^)o
この記事のURL | 医学部での生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
医学生も就活をする!
2008/03/02(Sun)
皆さんは、医学部卒業生が医師免許をもらった後、卒業後に初期臨床研修といって2年間研修医として修行するという制度があるのをご存知ですか?
その研修先を決めるのが、「マッチング」と呼ばれる制度で、医学生と病院がいわば集団でお見合いをして、情報を一元化して、コンピュータが決定するのです。
つまり、医学生も就活する時代になりました。もちろん、必ずどこかには決まるものなのですが。。。
ただ、病院も人気に格差(ここでも格差が登場)があって、給料が激安でも高倍率な都内の某病院もあれば、深刻な医師不足に悩む東北・北海道(特に青森)は、給料を格上げするだけでなく、医学生の病院見学の新幹線代や宿泊代も負担してまで懸命に勧誘する病院もあります。

研修制度導入で、医局への帰属が薄れ、卒業生の動きが流動的になりました。これが地方の医療崩壊を招いた一因であるという指摘もあります。医師は国や都道府県が数を管理しているので代わりがすぐ出てくるものではありませんから。
今年は研修制度導入5年目です。つまり、評価と見直しがあるんです。一説によると都会の病院の研修医を地方に配分する方針にするようです。今後この研修制度がどうなるかは全く想像もつきません。
この記事のURL | 医学部での生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
医師国家試験終了
2008/02/18(Mon)
3日間に渡る医師国家試験も今日で終了です。そう、医師国家試験はひっそりと3日間かけて行われます。しかも、全都道府県ではなく各地方の中心都道府県でのみ実施されています。
今年の医師国家試験は難しかったようですが、これだけ医師不足が叫ばれてるので合格率は上がるのではないでしょうか?医師の数は国家がコントロールしています。医学部の定員を増やしても数が増えるのは6年後・・・国家試験の合格率を上げるのが一番楽でしょう。
この記事のURL | 医学部での生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。