訪問して頂いた方へ
いつも応援ありがとうございます! まずは左のプロフィール(時々更新されます)をご覧下さい。
せっかくなんで、お好きなところに自由にコメント・トラックバックしてやって下さい。
履歴・相互リンク・りゅうへの直通便(アドレスはプロフィール中)なども大歓迎です。
全て遠慮なくお願いします。
また、2つのblogランキングに参戦しています。お手数ですが、1日1回↓の「blog Ranking」のバナー2つをポチッとクリック頂けると大変嬉しいです。 ポチッ♪ 人気blogランキング
もう1つ!ポチッ♪
皆様がよい1日を送れますよーに!
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ドラマ「tomorrow」
2008/08/17(Sun)
今期のドラマは、先日紹介した「コードブルー」とこの「tomorrow」の2つが医療モノです。「コードブルー」は救急、「tomorrow」は地域医療と、今の日本の医療崩壊の象徴となっている題材です。
先日の「コードブルー」の記事に思うことをつらつら書いたのですが、地域医療についても一言。

一般的なバイトなんか都市の方が給料が高いですが、医師は田舎に行くほど給料が高くなります。高校で習った需要供給曲線みたいな感じなんですね。研修医の給料も、大学病院では月20万円台、都立病院などでは月30万円なのに対し、田舎の病院に行くと年収1000万なんて夢じゃありません。そこまでしなきゃ、医師は田舎には来ないということでしょう。都会にいたいという医師の個人の問題もあるのでしょうが、りゅうなんかは医療崩壊地域に飛び込む勇気がありません。官僚やメディアが諸悪の根源とした医局ですが、初期臨床研修必修化と医局崩壊が日本の地域医療に深刻なダメージを及ぼすなんて誰が想像したでしょうか。地域医療を支えていたのは医局だった・・・失われてみて初めて気づくものです。
それから、地域医療を支えてきたのは、現場の先生の熱意。ドラマにもしやすい訴訟はドラマでもバンバン出てきますね。これもどうかと思うのですが、訴訟は医療者、患者双方を不幸にする気がします。そして、訴訟の増加は萎縮医療をもたらし、地域医療崩壊の一因になったと言われています。患者側が報われるような訴訟以外の補償制度が望まれています。

地域医療は抜本的な対策をしないと、失ってみて・・・ってことになりかねないような気がします。
スポンサーサイト
この記事のURL | 注目のTV番組 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<フェルプス8冠 | メイン | 人類最速の男>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mdisyourheart.blog81.fc2.com/tb.php/290-32773533

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。