訪問して頂いた方へ
いつも応援ありがとうございます! まずは左のプロフィール(時々更新されます)をご覧下さい。
せっかくなんで、お好きなところに自由にコメント・トラックバックしてやって下さい。
履歴・相互リンク・りゅうへの直通便(アドレスはプロフィール中)なども大歓迎です。
全て遠慮なくお願いします。
また、2つのblogランキングに参戦しています。お手数ですが、1日1回↓の「blog Ranking」のバナー2つをポチッとクリック頂けると大変嬉しいです。 ポチッ♪ 人気blogランキング
もう1つ!ポチッ♪
皆様がよい1日を送れますよーに!
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大野病院事件
2008/08/21(Thu)
最初に、遺族の方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

医学会の注目を集めた福島県立大野病院事件の判決ですが、無罪になりました。やはり、裁判は両者にとって不幸以外何者でもありませんでした。そもそも、悪質な医師ではなく、逆にたった1人で地域医療を支えてきた医師を逮捕したのが間違っていたのだと思いますが。。。
とにかくも、この逮捕が産科医療を崩壊させたのは事実です。産科医1人病院の産科閉鎖、お産を止める産婦人科医、若い医師の産科離れ、萎縮医療・・・日本のお産は世界一安全な誇るべきものですが、この医師の努力の結果が逆に赤ちゃんは無事に産まれて当たり前ということになってしまいました。少しでも結果が思わしくないとトラブルになるとも言われています。
また、若い産科医は女性がほとんどです。医療現場は出産・育児をする女性医師には働きにくいのが残念な事実です。女性医師が出産を機にでやめてしまったら、さらなる産科医不足を加速させるでしょう。近年男子医学生の見学を拒否する方も多いです。患者さんの協力なしには成り立たない医学生の実習ですが、拒否された時はその気持ちも分かりますがとても悲しいのも事実です。りゅうなんかはお産の現場を見てとても感動しました。
一度壊れた産科医療を元に戻すのは不可能でしょうが、これを機に医療行為と逮捕、裁判によらない患者の救済など新しい方向に向かって行くと思います。医療の不確実性は裁判に馴染まないことがはっきりしました。命と戦う熱心な医師ほど逮捕するような日本警察であってほしくないです。逮捕自体間違っていたのではと疑問を感じますし、仮に間違っていたのならはっきりそう言ってみんなを安心させてほしいなと思います。

P.S.
女子ソフトボール、宿敵アメリカを破って悲願の金メダルを獲得しました。上野投手、日本唯一のエースとして相当な肉体的精神的負担をはねのけて本当によく戦ってくれたと思います。皆さん、おめでとうございました!
スポンサーサイト
この記事のURL | 医療ニュース | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<司法を目指す人も大変だ | メイン | ボルト選手 世界新記録で二冠>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://mdisyourheart.blog81.fc2.com/tb.php/294-aaee71c0

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。